DIALuxでカメラビューの保存と再生方法

DIALuxでは、ビューのアングルを保存し、再表示することができます。
各ビュー(平面図・3Dビュー・正面ビュー・側面ビュー)ともに最大10個まで保存が可能です。

 

ビューの保存

 

①保存したいビューのアングルを決めます
②「CAD」 → 「カメラビューを保存」 → 「位置○を保存」 (保存先)をクリックします。
③保存すると、その保存先にチェックが入ります。
※もう一度クリックすると、上書きになってしまうのでご注意ください。

 

ビューの再生

ビューをいろいろ動かしてしまったとしても、「CAD」 → 「カメラビューを再実行」 → 「位置○を再実行」(保存先) をクリック!

すると、

保存したビューのアングルに戻りました!

このように好きなアングルを保存&再生することができます。

照明プラン別に、同じアングルのビュー画像を使って比較してみせたい!ひとまずお気に入りのアングルを保存して、その中から一番いいビューを決めたい!そんな時に有効かと思います。

ただ、保存・再生の操作が似ているので、「位置○を再実行」で再生をしようとしたのに、間違えて「位置○を保存」で上書きしてしまった!というケースが起こるかもしれません。(私がよくやります笑)なので、カメラビューの保存をしたら、DIALuxのプロジェクトそのものも保存しておくと安心ですよ。

以上、カメラビューの保存と再生でした!

 

無料で学べるDIALux入門講座

 

 

0からはじめるDIALux教室トップページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です