DIALuxに無いテクスチャのインストール方法

DIALuxにあるテクスチャは種類が少ないです。
オフホワイトのカーペット、和室の畳、外壁のような内壁・・・残念ながらありません。

しかし、無いテクスチャは外部から読み込むことができます!

テクスチャは、フリーの素材サイトなら簡単・無料で入手できます。
例えば、カーペットの素材データであれば、
「テクスチャ フリー カーペット」で検索してみてください

フリー素材サイトは、
DIALuxで使える! 3Dモデル&テクスチャ無料素材集 5選」でも紹介していますのでチェックしてみてください。

 

では始めましょう!

 

DIALuxのテクスチャファイル形式は、.bmp .dib .jpg .jpeg .gifです。これらのファイル形式であれば、DIALuxで使用することができます。

 

それでは、テクスチャのインストール方法を紹介していきます。

 

「ファイル」→「読み込み」→「テクスチャファイル」を選択

 

読み込みたいテクスチャデータを選択します。

 

テクスチャの保存先を選択します。

保存先は、構成リスト「色タブ」→「テクスチャフォルダ」内です。
新規フォルダを作成して保存すると、テクスチャフォルダを見たときに、その場所が見つけやすいのでおすすめです。

 

構成リストの「色タブ」を選択し、保存したテクスチャデータのファイルをクリックします。

テクスチャデータがプレビューに入っていれば、読み込み完了です!

一度読み込んだテクスチャデータは、DIALuxの中に残るので、他のDIALuxを開いた場合も、再度読み込みすることなく活用することができます!

以上、テクスチャファイルのインストール方法でした!
素材感のあるテクスチャを入れて作成すると、照明シミュレーションのイメージがよりUPしますので、ぜひ試してみてください。

 

 

無料で学べるDIALux入門講座

 

 

0からはじめるDIALux教室トップページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です