カスタマイズすると便利!DIALux設定の変更方法

元々DIALuxで設定されているデフォルトなどは、通常オプションで変更できます。

「ファイル」→「設定」→「通常オプション」で開きます。開くと何を変更・設定できるかだいたい分かりますが、設定しておくと便利な項目をピックアップしてみました。

①「部屋の寸法」「反射率」「作業面の高さ」「保守率」のデフォルト数値の変更

②保存通知のOFF、または通知時間の変更

③背景色の変更

④出力データ上部にある作成者や連絡先の表示

では順に紹介します。

 

①「部屋の寸法」「反射率」「作業面の高さ」「保守率」のデフォルト数値の変更

例えば「DIALuxの作成は、ほとんど作業面の高さが0.75mだから、毎回0.85mから0.75mに変更するのがかったるい・・・」っと思うことはありませんか?反射率や保守率など、いつも同じ数値を修正している場合はデフォルトを変更しましょう。

 

「ファイル」→「設定」→「通常オプション」で開いたら、「標準値」のタブを選択します。

上図のように、それぞれ変更したいデフォルト数値を入力したら「OK」をクリックします。設定後は変更内容を反映させるため、一度DIALuxを閉じて、再度開いてください。
すると、デフォルト数値が変更されます。

②保存通知のOFF、または通知時間の変更

DIALux作成中、しばらくするとポップアップで表示されるコレ・・・

「この通知不要!」もしくは、「通知のタイミングを変えたい!」という方は、以下で変更できます。

「ファイル」→「設定」→「通常オプション」で開いたら、「グローバル」のタブを選択します。

一番下の「保存を~毎に自動報告」で、通知時間の変更ができます。また、チェックを外すと通知がOFFになります。最後に「OK」で設定完了です。

③背景色の変更

通常、ビュー画面の背景は白いですが、それ以外の色に変更できます。

 

「ファイル」→「設定」→「通常オプション」で開いたら、「CADウィンドウ」のタブを選択します。

 

上の「背景色」の設定で、各種項目のプルダウンを開き、色を変更します。右側:ビュー画面の背景色    左側:出力画面の背景色
変更したら、「OK」をクリック

変更内容を反映させるため、一旦、ビューを「×」で閉じ、再度開きます。

 

すると、変更した背景色に変わります。出力データの背景色変更は、このような感じになります。

 

④出力データ上部にある作成者や連絡先の表示

総括などの出力データをPDF化すると、上部に作成者や連絡先の項目があります。
他に社名や住所も表示させることができるので、載せたい場合は設定しましょう。

「ファイル」→「設定」→「通常オプション」で開いたら、「編集者」のタブを選択します。各項目に必要事項を入力し、「OK」をクリックします。

[注意点]フォームにも表示されているように変更内容は、過去のものはもちろん、現在作成中のプロジェクトにも反映されません。新規作成からとなります。あしからず・・・。

設定すると、以下のように表示されます。

 

左側は、編集者・電話・ファックス・メールの項目名が元々ありますが、右側は、項目名の表示がありません。(設定の項目では、社名と住所になっています)なので、社名と住所の入力欄は、別の内容を登録してもOKですね。

以上、「カスタマイズすると便利!DIALux設定の変更方法」でした。知ってよかった!と思っていただけたら幸いです。

 

 

無料で学べるDIALux入門講座

 

 

0からはじめるDIALux教室トップページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です