DIALuxで階段を作る方法

今回は「DIALuxで階段を作る方法」の紹介です。

DIALuxのオブジェクトファイルの中に、階段のオブジェクトがいくつかありますが、オーソドックスなタイプはありません。


階段のオブジェクトは「オブジェクト」タブ→「屋内」→「階段」の中にあります。

 

そこで今回は、オーソドックスな階段として「箱型階段」と「シースルー階段」の作り方を紹介します。

 

「箱型階段」も「シースルー階段」も、一段のサイズはこちらの寸法で作成します。

サイズ「L:0.220 / B:0.800 / H:0.200」

それでは、「箱型階段」の作り方から紹介していきます。

 

1.「箱型階段」の作り方

 

まず、階段一段分を挿入します。
①「オブジェクト」タブ→「基本形」→「押し出しオブジェクト」を選択
②サイズ「L:0.220 / B:0.800 / H:0.200」と入力し、挿入をクリック

 

次に、一段分の階段を必要な数だけ連続で増やします。

①挿入した押し出しオブジェクトを右クリック→「線に沿ってコピー」を選択
②コピー回数と距離を入力し「コピー」をクリック(距離は、1つのコピーに対する距離です)

例として、14段にするとしたら、コピー回数は「13」
階段の踏板は0.220mなので、移動は「0.220m」ピッチにします。

 

するとコピーが完了します。

 

3Dビューで見るとこのようになります。

プロジェクトタブをクリックすると、押し出しオブジェクトが13回コピーされているのが確認できます。

 

最後に、コピーした押し出しオブジェクトの高さを変更していきます。

階段の高さは0.200mなので、0.400、0.600、0.800…と一段ずつ高さを変更していきます。

 

0.200mずつ高くしていったら…

 

箱型階段の完成です!

箱型階段は、一段のサイズを並べた後、一段ずつ高さを変えていくだけという簡単な方法で作成できます。

 

2.「シースルー階段」の作り方

 

シースルー階段は、「押し出しオブジェクト」と「プリズム」を使用します。

 

まずは、一段目を挿入します。

①「オブジェクト」タブ→「基本形」→「押し出しオブジェクト」を選択
②サイズ「L:0.220 / B:0.800 / H:0.200」と入力し、挿入をクリック

 

次に、一段目の階段を必要な数だけ連続で増やします。

①挿入した押し出しオブジェクトを右クリック→「線に沿ってコピー」を選択
②コピー回数と距離(=1つのコピーに対しての移動数値)を入力し「コピー」をクリック

シースルー階段の場合、斜め上に増やしていきます。

例として、14段にするとしたら、コピー回数は「13」
階段の踏板は0.220m、一段の高さは0.200mなので、移動は横に「0.220m」ピッチ、上に「0.200」ピッチにします。

 

横から見ると、コピー先の線が、斜め上になっているのが分かります。

 

コピーが完了するとこのようになります。

 

3Dビューはこちら

プロジェクトタブをクリックすると、押し出しオブジェクトが13回コピーされているのが確認できます。

 

次に、プリズムを挿入します。(挿入は平面図ビューで行いましょう)

①「オブジェクト」タブ→「基本形」→「プリズム」を選択
②サイズ「L:0.220 / B:0.800 / H:0.200」、回転「Y90.0°」と入力し、挿入をクリック

 

プリズムを挿入したら、階段の2段目へ移動します。

 

3Dビューで見るとこのような状態です。

 

2段目の下にぴったり収まるよう、位置の調整をしましょう。

 

プリズムの位置が決まったら、コピーをします。

①プリズムを右クリック→「線に沿ってコピー」を選択
②コピー回数と距離(=1つのコピーに対しての移動数値)を入力し「コピー」をクリック

同じように、プリズムも斜め上に増やしていきます。

例として、14段の階段であれば、プリズムは2列目からなので、残り12階分が必要となります。
=コピー回数は「12」
階段の踏板は0.220m、一段の高さは0.200mなので、移動は横に「0.220m」ピッチ、上に「0.200」ピッチにします。

 

コピーが完了するとこのようになります。

 

3Dビューはこちら

プロジェクトタブをクリックすると、プリズムが12回コピーされているのが確認できます。

 

シースルー階段の完成です。

 

今回、階段の作成で使った、オブジェクトの挿入や線に沿ってコピーの方法については、基礎講座にて学ぶことができます。(詳細はこちら

 

階段の形はさまざまありますが、この方法がベースになりますので、ご参考になれば幸いです。

 

以上「DIALuxで階段を作る方法」でした。

 

 

無料で学べるDIALux入門講座

 

 

0からはじめるDIALux教室トップページ