DIALuxの活用方法

DIALuxはどういう時に使うの?




 

照明が点灯した時の空間イメージの確認・検証

空間に照明をつけたらどう点灯するか、実際にやってみないとわからないことをシミュレーションを通して検証できます。

 

(例えばダウンライトを設置する場合)

器具の大きさ、配光のタイプ、明るさ、色温度、設置間隔、数量…などなどその選定によってどのくらいの明るさを感じられるのか、床や壁の照度はどれくらいか、検証したいけど器具を取り寄せてまでチェックするのは難しいですよね。それをDIALuxのシミュレーションでチェックすることができます。

 

照明が点灯した時の空間イメージを相手伝える

立体な照明シミュレーションによって、照明プランの具体的なイメージを相手に伝えることができるので、仕事で照明プランニングをされる方におすすめです。照明計画を提示するときに「照明の配置を示す」だけでなく、「立体的な光のイメージを伝える」こともできるので、DIALuxは有効なツールといえます。

 

DIALux入門講座

DIALux基礎講座

0からはじめるDIALux教室トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です