DIALuxで3Dビューの画角を変更する方法

3Dビューのアングルを決めようとする時、「この立ち位置でもう少し部屋の中が見えるようにしたい!」
って思うことはありませんか?

(このアングルでもっと手前が写るようにしたい・・・)

カメラに例えるなら、広角レンズで撮影したい!という感じです。

 

 

できます!

[ビューを拡大/縮小]を選択し、[Ctrl]キーを押しながらマウスでドラッグ
で3Dビューの画角を変えることができます!

 

広角にするなら、

+ [Ctrl]キー + マウスを手前に引くようにドラッグ

部屋の中が広く見渡せるようになりました!

 

 

反対に、マウスを奥へ向かうようにドラッグすると、ぐっと狭くなります。

 

 

[注意]
画角を動かすと、部屋が歪んでしまいますので、他のアングルから見ると変になってしまいます。

 

[元に戻す方法]
歪んでしまった画角を元の画角に戻したい場合は、一度3Dビューを 「×」 で閉じ、再度開きましょう。

 

以上、「3Dビューの画角を変更する方法」でした。

 

 

無料で学べるDIALux入門講座

 

 

0からはじめるDIALux教室トップページ